欠損補綴治療

歯を失ってしまった時の治療

ブリッジ 取り付け式 義歯(入れ歯) 取り外し式
歯を失ったところの両側の残った歯を土台にし、橋渡しで固定して失ったところを補います。
この場合、両側の歯を削らなければなりません。
失ったところに入れ歯を入れる場合、残っている歯を利用し、それにバネを引っ掛けて固定します。


義歯の種類

保険の義歯
残り少ない歯に負担がかかり、将来的に抜けやすい
自費の義歯(1)
磁性アタッチメント
磁石を取り付けることで、義歯がはずれにくく、噛める。
自費の義歯(2)
コーヌスデンチャー
内冠を歯に装着することで、義歯に取り付けられた外冠との適合により噛むことができる。
自費の義歯(3)
O-リング
丸状の金属を歯にはめこむことで義歯に取り付けられたO-リングより維持される。
自費の義歯(4)
コンフォートデンチャー
コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。
自費の義歯(5)
金属床義歯
金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯のことです。義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、違和感が少ない総入れ歯を作ることが出来ます。また金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなるといわれていて、 汚れが付きにくいので清潔で、割れにくく変形しにくいという特性を持っています。
自費の義歯(6)
ノンクラスプ義歯
ノンクラスプデンチャーはナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯です。金具を一切使わない入れ歯なので審美性にも優れています。また、歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えまん。

 

義歯はなぜはめとないといけないの?  
 この状態で長い間義歯をはめないで長い期間噛むと,残っている歯に負担がかかり、歯が移動してしまい、やがて歯は抜けてしまいます。

 歯が無い場合、義歯を入れることで正しい噛み合わせが確立されて、残っている歯への負担が軽減されます。


Copyright 2001. Hirakawa Dental Clinic. All Right reserved.