歯槽膿漏(歯周病)の治療
     
模型(スタディーモデル)  
プローピング
 歯ぐきのポケット検査
スケーリング
治 癒
プローピング
 歯ぐきのポケット検査
盲のう掻爬
治 癒
プローピング
 歯ぐきのポケット検査
盲のう掻爬術
ENAP手術
フラップ手術
プローピング
治 癒
     

  プロ-ピング
 

歯ぐきのポケットの検査

 歯と歯ぐきの間のすきまの深さ(ポケット)を図ります。
正常な人で2〜3mmです。


  盲のう掻爬術
 

4mm以下のポケットの軽い歯周病の場合に施術し、正常な歯茎にもどすことができます。 


  ENAP手術
 

歯茎を切ることによって正常な歯肉形態を確保し、清掃しやすくします。


  フルフラップ手術
 

歯茎がさがらないで術後見た目もきれい。術後の手入れによっては再発しやすい。

  パーシャルシックネスフラップ手術

歯茎が見えやすくなりますが、再発の危険性が低く、広く歯周病の治療に使われています。

 

 その他の治療

  骨再生膜
 

歯槽膿漏により歯の埋まっている骨(歯槽骨)が溶けて破壊されている部位。
歯茎をはがして、破損部を清潔にします。
自家骨をいれ、吸収性のGTR膜でばい菌が入らないようにふたをして、骨の再
生をします。


  歯茎の移動
 

歯の根っこが露出していると知覚過敏の原因となります。
露出した部位の側面の歯茎を移動して歯茎を被覆して正常な歯茎を回復させます。




Copyright 2001. Hirakawa Dental Clinic. All Right reserved.