レーザー治療
 [症例写真]
痛みの少ない治療を目指して、歯科治療にレーザー装置が数多く使用されるようになってきました。
その装置も数種類ありますが、中でもEr:(エルビウムヤグ)レーザーは生体組織の水分に対する反応(蒸散能力)が高く、発熱が少なく、表面の黒焦げや周囲の組織への影響が殆どありませんので、安全性の高いレーザー装置といわれています。
また、治療時には虫歯の部分だけを取り除く事ができるため,健全な部分を多く残すことができます。



レーザー治療は
 ■不快な「キイーン」という音がありません。
 ■「ガリガリ」という振動がありません。
 ■ほとんどの治療が麻酔なしでできます。
 ■菌を駆除する効果があり治療後の経過が良好です。


レーザーによる虫歯治療
虫歯菌に感染した悪いところだけを取り除いて、健全な部分をできるだけ残す治療ができます。
 麻酔なしでも痛みを感じることはほとんどなく、切削音や振動もわずかです。
 特に、子供の虫歯や歯ぐき付近の虫歯に有効です。

 

 

レーザーによる歯石除去
 歯槽膿漏など歯ぐきの病気の原因となる、歯と歯ぐきの間に付着している歯石を破壊して、同時に細菌を駆除し歯ぐきの病気と予防と治療をします。(歯周病治療)
この治療時、痛みや出血はほとんどありません。

その他の治療方法

■歯槽膿漏
 レーザー光を照射することにより、歯肉の内側をきれいにし、歯周病細菌を死滅させ、歯ブラシを正しく使うことにより病気を回復させます。

■歯肉の切開や切除など
 歯ぐきの悪くなっている部分を切り取ったり、切開したりする場合も痛みがほとんど無く、早くキレイに治ります。

■歯茎の黒ずみ
 メラニン色素の黒ずみも、数回のレーザー照射できれいな、ピンク色の歯ぐきになります。

■口内炎、アフター、口角炎
 ほとんど、1〜2回の治療で完治します。

■入れ歯による傷(痛みがある)
 ほとんど、1〜2回の治療で完治します。  

■顎関節痛の疼痛緩和

■知覚過敏

■抜歯の穴の殺菌、消毒


レーザー治療症例写真へ

各種歯科用レーザーの生体への熱伝導について
  Er:YAGレーザーは、体の表面にのみ反応します。

Er:YAGレーザーは、蒸散という反応が照射部の表層に限定されて行われるため、他のレーザーのように透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。
またエナメル質にクラックが起こりにくい、熱の発生が微小、痛みが非常に少ないなども魅力の一つです。


















       
Copyright 2001. Hirakawa Dental Clinic. All Right reserved.