虫歯の原因と予防 

虫歯(カリエス)

C1 C2 C3 C4
       

虫歯の進行


C1
エナメル質の虫歯 (歯の表面)

初期の虫歯はエナメル質の溝にできます。エナメル質は知覚がなく、ほとんど自覚症状がないので、つい放っておきがちですが、この段階で治療するのが、良好な結果を生み出します。

 

C2
象牙質の虫歯 (神経に近い)

虫歯がエナメル質を超えて象牙質に広がり、冷たいもの、甘いものがしみるようになります。

 

C3
神経まで進んだ 虫歯

たえず激痛に悩まされるようになります。神経が虫歯なので、神経をとってしまいます。

 

C4
歯根っこまで進んだ 虫歯

根の先が化膿し、膿の袋ができていることが多い。治療は困難で抜歯することもあります。

     

虫歯の原因

お口の中にはたくさんの細菌が住んでおり、そのなかのひとつストレプトコッカス・ミュータンス菌がおもな虫歯の原因菌です。
  お口の中の虫歯菌が、食べ物の中の砂糖を栄養に、歯の表面にネバネバした物質をつくります。
これが歯垢(プラーク)といわれるものです。

歯垢(プラーク)の中の虫歯菌は食べ物の中の「糖質」を材料に酸をつくりだし、しだいにエナメル質を溶かし始めます。
これが虫歯菌です。
「糖質」は砂糖だけでなく、米やパンにもたくさん含まれており、普通の食事をすれば間違いなく含まれています。

虫歯の予防

口の中に歯垢をためない!!

口の中は、温度、湿度が適当で細菌が住みやすく、物を食べた後、数分後から虫歯のバイ菌が食べかすを腐らせて、口の酸性度を増します。30分くらいの間にこの酸が歯を溶かして虫歯にしていきます。
虫歯を防ぐには口の中に歯垢をためないことが大切なのです。
糖分の少ない食生活に改善し、良く噛んで食べ、食べた後30分以内に歯磨きをする習慣をつけましょう。

砂糖に気をつけろ!!

 虫歯の予防は糖分を口にする回数を減らし、糖分の「口中潜在時間」を少なくすることが第一です。
糖分がなければ悪質な歯垢もできず、歯の表面の酸性時間も長く続かなくなります。

定期検診で大事な歯を守る!!

 人は柔らかいもの、固いもの、冷たいもの、熱いものまでいろいろなものを食べます。
強い力で一日何千回と噛みしめる過酷な条件の中で、長年使用されている金属などの材料が欠けたり、割れてしまいやすくなります。
また、自覚症状がない人でも結果、全く異常のない人はほとんどいません。
歯石を除去するだけでも歯の寿命はずっと長くなりますので、半年に一度は、ぜひ歯科検診を受けてください。




 Copyright 2001. Hirakawa Dental Clinic. All Right reserved.